4月下旬のナチュラルガーデン!ツツジの階段が見頃です。

5月上旬のプライベートガーデン お庭紹介

4月下旬、チューリップやスイセンが咲き終わり、この庭の主役はツツジへと変わります。

ツツジ

ツツジの階段2020年
ツツジの階段

4月下旬に咲くのは真っ赤なツツジ。階段の脇に植えてツツジの階段を作っています。

この庭ではツツジを剪定せず、自然樹形で育てています。ナチュラルガーデンではきちんと成形をするよりも、自然樹形の方が断然雰囲気が出ます。剪定をしなくても毎年ビッチリと花をつけてくれますよ。

見頃は1年のうちほんの2週間ほどですが、毎年の楽しみとなっています。

ツツジについての詳しい記事はこちらから

真っ赤なツツジとアーチ
真っ赤なツツジ

チューリップ

ロンギカウリスタイムの中から咲く一輪のチューリップ
黄色い原種系チューリップ、周りに咲いているのはロンギカウリスタイムです。

チューリップは全て枯れてしまったと思っていた頃、一輪の小さなチューリップがロンギカウリスタイムの中から現れました。

これは、原種系のチューリップです。原種系のチューリップは植えっぱなしで毎年咲いてくれます。

大きなチューリップは植えっぱなしにしておくと年々小さくなってやがては葉っぱだけになってしまいます。

原種系のチューリップは小さいのが特徴です。小さいチューリップの枯れた姿を他の草が隠してくれるので使い勝手が良いかもしれません。

原種系の黄色いチューリップ
黄色い原種系チューリップ2

イチゴ

初イチゴを見つけました。程よい頃に食べようと思っていましたが、アリに先に食べられてしまいました。

まだ熟していないイチゴと熟した後に食べられたイチゴの写真2枚
ありに食べられてしまった花壇のイチゴ

虫は1番美味しい時期を知っていますね。

イチゴの旬は5月、もう少ししたら私にも分け前がくるぐらいに沢山のイチゴが実ることを期待しています。

シラーペルビアナ

シラーペルビアナ
シラーペルビアナ

この花はいつ植えても、どこへ植えても期待を裏切らずに咲いてくれるとても頼もしい植物です。

花の時期が短いので、組み合わせは葉で考えました。パンパスグラスの周りをぐるっとシラーペルビアナで覆い、黄色く真っ直ぐな葉と、シラーペルビアナの緑で折れ曲がる葉を対比させています。 

春の庭。ヤツデ、シラーペルビアナ、パンパスグラス
左からヤツデ、緑の葉がシラーペルビアナ、その葉にかこまれたパンパスグラス

オオジシバリ

オオジシバリの花
オオジシバリ

庭の片隅に可愛い花が生えてきたと喜んで調べたら「オオジシバリ」という植物のようです。

気に入ったので花壇の中へと移しました。

翌日見てみると元気がなくなっていたので茎や葉を切って、株の負担を減らして様子を見ています。根付くまでは毎日様子を見て、しおれてきたら水やりをしてみます。

来年の春には地面を黄色い花で覆ってくれると嬉しいです。

苗は楽天で購入するのがお勧め!楽天ポイントが貯まります。また、買い物に出かける時間を庭の手入れに当てることができます。

【楽天市場】花の苗物のページ

コメント

  1. 橋本力男 より:

    はじめまして
    美しい動画にコメントさせてもらいました三重で有機農業、野菜と花、堆肥づくりなどしています。美しい動画を何回も見ました。ありがとうございます。
    苗の植え方、野菜の栽培について書かせていただきました。

    • kaorinko より:

      いろんな情報を教えて頂きありがとうございます(^^)
      沢山チャレンジしたいことが増えました。
      こういった交流ができるなんて、YouTubeを始めて本当に良かったと思います。

タイトルとURLをコピーしました