アデレード観光のお勧めスポットアデレードボタニックガーデンの楽しみ方

アデレードボタニックガーデンは、広ーーい敷地の植物園。

まるでヨーロッパのお城の庭園のようです。

アデレードボタニックガーデンのバラ園のエリア
バラ園のエリア

とても広いので一度に全部回ろうとすると疲れてしまいます。なので、オープンカフェで休憩を挟みながら、30〜40分くらいかけてゆっくりと見て歩くのが優雅な過ごし方かと思います。

というのも、ここから徒歩15分ほどの場所には観光名所のランドルモール(ショッピングモール)や美術館、博物館などがあるんです。

体力を残しておき、この後にお出かけになると充実した観光の1日となります。

それでは、お勧めの楽しみ方を6つご紹介します。

1.植物

広大な敷地ならではのダイナミックな植栽や、エリアごとの美しいガーデンデザインが見どころです。写真を撮ったりしながらゆっくりと散歩をすると楽しいです。

アデレードボタニックガーデンで咲くピンク色のエキナセア
エキナセアが花盛り

エリアごとに違った雰囲気の植栽がされているので、いくら歩いても飽きないです。

野菜と花が混植されたアデレードボタニックガーデンのポタジェの植栽
花と野菜を混植したポタジェエリア

アデレードボタニックガーデンの紹介記事はこちらから

夏にはスイレンのエリアが見所となります。満開の時期には背景と相まって絵本のような風景を作り出します。

アデレードボタニックガーデンのスイレンエリア
アデレードボタニックガーデンの夏の見所はスイレン

2.野鳥

野鳥観察もまた、楽しみの一つです。日本では見ることのできない野鳥を沢山見ることができます。

イースタンロゼラという種類のカラフルなインコ
イースタンロゼラ

写真の鳥はインコの仲間、イースタンロゼラです。カラフルインコのレインボーロリキーや白いオウムなども見ることができます。

姿を見たことはありませんが、ワライカワセミの鳴き声を聞いたこともありますょ。

3.フライングフォックス

「フライングフォックス」という種類の珍しいコウモリを見ることができます。数年前からここに住み着いたそうです。

木にぶら下がる1匹のフライングフォックス、アデレードボタニックガーデンで。
可愛い顔のフライングフォックス

園を出て少し歩いたエリアの木の上に沢山止まっている姿を見ることができます。とても高い木の上の方にいるので、望遠鏡や望遠レンズを持って行った方が良いです。

木にぶら下がる沢山のフライングフォックス、アデレードボタニックガーデンにて。
圧巻のフライングフォックスの大群

ときどき通路に死体が落ちています。一見すると「黒いビニール」みたいなので間違えて拾いませんように!

アデレードボタニックガーデンでフライングフォックスを見た!

4.水辺

このガーデンにはいくつかの水辺があります。その作り方は本当に美しく、まるで印象派の絵の様です。

アデレードボタニックガーデンの水辺で写真を撮るKaori.N
写真を撮る筆者

足を休めながら、のんびりと水鳥達を眺めるのがお勧めです。とても優雅なひとときとなります。

アデレードボタニックガーデンの水辺で休むカモ達
水辺で過ごすカモ達

5.オープンカフェ

園内には土日だけ営業しているカフェがあります。コーヒーを飲みながら足を休めるのにちょうどいいです。屋根だけのエリアと木陰のエリアがありますがどちらも気持ちが良いです♪

アデレードボタニックガーデンのカフェで寄ってきたカモ
おねだりにやってきたカモ

ここのカフェにはいつも鳥さん達がいて、ご飯をくれないかとねだってくるんですよ。

「ごめんね、今日はコーヒーだけなの」

6.ポケモンGo

園内にはポケストップが沢山あります。沢山のポケモンを捕まえることがてきます、携帯充電器を忘れずに(^∇^)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

来年の夏のアデレード行きチケットは旅工房で購入しました。アプリがシンプルでとても見やすいです。お勧め(^▽^)



楽天トラベルもよく利用します。ポイントが貯まるので♪

オーストラリア産のワインを飲みながら旅の計画を立てるのはいかがでしょうか?

フォーティファイド(酒精強化)とういう醸造方法の、芳醇な甘口ワインです。

チョコレートと楽しむってちょっと気になりますね。是非一度お試しください。

サクラアワード2020受賞のワインはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です