ケンウッドドライブレコーダーの不具合があったときの対処法

How to

ケンウッドのドライブレコーダーを使いながら発生した様々なトラブルを集めました。以下、取説やメーカーに問い合わせて調べた対処法をまとめましたので参考にしてください。

基本、ドライブレコーダーの不具合はSDカードの故障や本体の誤作動が多いようです。まずはSDカードを新しく変えたり、リセットしてみるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

SDカードとバツマーク

SDカードへの書き込みができていないか、または、SDカードを正しく認識していない状態です。以下を試してみてください。

①フォーマットをしてみる

2週間に1回のフォーマットが推奨されています。2週間1回のフォーマットをしていない場合にはフォーマットするだけで表示が消えるかもしれません。

フォーマット不要のドライブレコーダー「DRV-MR450」も出ています。通常は2週間に1度フォーマットをしないと不具合が起きやすくなるのですが、「DRV-MR450」はフォーマットをしなくてもエラーが起こりにくい製品です。

2週間に1度のフォーマットが面倒くさい!という方は是非こちらをご検討してみてください。


Kenwood(ケンウッド) 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR450

②新しいSDカードに交換してみる

SDカードは上書き録画が繰り返されるため、消耗が激しいです。SDカードの寿命が考えられます。SDカードの質にもよりますが、1年以内に壊れるケースもあります。

特に付属のSDカードはお試しようなので早く壊れます。付属のSDカードを使っている場合には、新しく耐久性に優れたSDカードを購入した方が良いでしょう。

ケンウッドから耐久性に優れたSDカードが販売されています。少し高いですが、安心です。

③SDカードを挿し直してみる

単純にきちんと挿さっていない場合もあります、新しくSDカードを変えても表示が消えない場合には挿し直してみましょう。(電源を切ってから抜いてください。電源を入れたまま抜くと情報が書き込まれない場合があります。)

④リセットしてみる

新しいSDカードに変えても表示が消えない場合には誤作動を起こしている可能性もあります。その場合にはリセットをすれば改善します。

主なドライブレコーダーのリセット方法をこちらの記事でご紹介しています。

以上で改善がなければ修理に出しましょう。

バツとびっくりマーク

ケンウッドドライブレコーダーDR830のバツとびっくりマークが出たとき
ケンウッドドライブレコーダーDR830のバツとびっくりマークが出たときの対処法

イベントフォルダがいっぱいです。イベントフォルダ内のファイルを削除するか、上書きするよう設定してください。設定方法は以下に記載しておきます。

DRV-830

上書き

MENU→動画・静止画記録設定→上書き保存(イベント)→ON

削除

MENU→ファイル再生→イベント記録→削除するファイルを選択→ファイル削除矢印OK

DRV-410

上書き

MENU→動画記録設定→上書き保存(イベント)→ON

削除

MENU→ファイル再生→イベント記録→削除するファイルを選択→ファイル削除→OK

※フォーマットでも消えます!

びっくりマークと停止線2本

DRV-830で出る表示です。SDカードが入っていない、規格外のSDカードが入っている、SDカードが初期化されていないときに出ます。

電源が点かない

①SDカードを抜いてみる(SDカードが壊れているせいで本体に不具合が起きる場合があります。)

②線を抜き差ししてみる(きちんと挿さっていないかもしれません)

本体に原因があるのか、電源コードなのかを切り分けて、もしもシガー電源に原因がある場合にはシガー電源を取り寄せ注文しても良いかもしれません。シガー電源はそんなに高くはないです。

電源ケーブルの故障なのかの切り分け方

電源がUSB端子の場合には、USBケーブルをパソコンやコンセントに繋ぐことができるので、別の電源で正常に動くか試してみましょう。

※DRV-830やDRV-410はUSB端子ではないのでこの方法での確認はできません。

駐車監視が始まらない

1.エンジンを切ると同時にドライブレコーダーの電源が切れる場合

原因1.スイッチボックスのタイマー設定がオフになっている

駐車監視用ケーブルに付いているスイッチボックスの3番と4番はタイマーの設定です。このスイッチが両方とも上に上がっている状態ががオフですが、これは、エンジンが止まると同時に電源供給が止まる設定です。

タイマーを6時間、12時間、24時間のいずれかの設定にしてください。

原因2.電圧が低い

スイッチボックスの1番と2番は電圧カットオフ値設定ですが、ここで設定している電圧を下回った場合には電源供給が止まる仕組みになっています。

もしかしたら、エンジンを切った瞬間にもう、電圧設定値を下回っているのかもしれません。

一旦電圧設定値を1番下の数値に下げてみてください。それで電圧が落ちなくなるのであれば電圧カットオフ設定が働いている可能性があります。

原因3.故障

駐車監視用ケーブルの故障が考えられます。1年間は保証があるのレシートがあれば取り替えてくれます。

2.ドライブレコーダーの電源は切れずに常時録画が続く場合

原因1.本体の駐車監視設定がオフになっている。

本体の駐車監視設定がオフになっている場合には、エンジンを切った後も常時録画が続きます。駐車監視設定をオンにしましょう。

※駐車監視をオフにしても駐車監視を止めることはできません!

駐車監視を辞めたい場合には、駐車監視用ケーブルに付いているスイッチボックスのタイマー設定をオフにします。

この、スイッチボックスは車の裏の方に入れてしまっている場合もあります。その場合には車を降りるたびにドライブレコーダーのスイッチを切るしかありません。

原因2.駐車監視に入りにくくなっている。

この場合にもエンジンを停止後、常時録画が続きます。車が停止していることを認識していないため、駐車監視が始まらないのです。

本体設定で「駐車監視に入りやすい」という設定がある場合にはそれを試してみましょう。ただし、この場合には駐車監視に入りやすくはなりますが、抜けにくくなるかもしれません。

自動起動設定

メニュー→駐車モード→自動起動設定→入りやすい

その他、リセットやファームアップデートも試してみてください。

ドライブレコーダーに異常があります

DRV−MN940やMN940Bなどのナビ連動型のドライレコーダーにこの表示がでた場合、取り付け位置が初期設定の位置からずれているかもしれません。ダッシュボードにつけていたり、両面テープで貼っている場合にはこういった警告が出ます。メインユニットはビス留めです。取説にも書いてあります。

対処方法は、メインユニットをしっかりと固定し、本体初期設定をし直します。初期設定をする場所は坂道度ではなく、水平の場所で行いましょう。

セカンドカメラが未接続です、1台のカメラで記録を開始します

起動時に一瞬出るだけですぐ消えるのであれば問題ありません。前後で通信しているので、暗いときなどは少し時間がかかるため、いったんそういった表示が出ることがありますが、故障ではありません。

取り付けたばかりのとき

フロントカメラとセカンドカメラを繋ぐケーブルの接続が逆になっているとこの警告が出ます。フロントカメラ側がL字型の端子、セカンドカメラ側はストレートの端子になっているか確認してください。

急になったとき

リセットやアップデートで改善する場合があります、試してみてください。アップデートが最新になっている場合でも、アップデートするとリセットがかかるので改善する場合があります。それでも改善しなければ修理に出しましょう

主なドライブレコーダーのリセット方法をこちらの記事でご紹介しています。

DRV-610のランプが緑色の高速点滅

内蔵バッテリーが熱くなりすぎた合図です。内蔵バッテリー保護のために充電が中止されます。正常な温度に戻ったら充電が開始されます。

エンジン切ってもモニター点きっぱなし

LCD画面表示時間設定を「常時」にしている場合には、駐車監視モードに入った後もモニターは点いたままです。駐車モードの時だけモニターを消す設定はありません。駐車モードでモニターを消したいのであれば、LCD表示時間設定を「10秒後切り」「1分後切り」などの設定をします。

その場合には走行中もモニターは消えたままです。(例えば電源が入って10秒後にモニターは消えますが、操作をするとまたモニターが点きます)

画面がフリーズした、操作不能

SDカードの不具合が本体に影響している場合があります。まずはSDカードを抜いてみてください。改善がなければリセットをしてみてください。リセットでも改善がなければコードを抜いて電源が切れるまでそのままにし、(内蔵バッテリーがある場合には内蔵バッテリーの電源がなくなるまで)その後、電源コードを入れ直してみてください。

以上を試しても改善がなければ修理に出しましょう。

電源が入らない

電源が入らない場合は以下の3つの原因が考えられます。切り分けをして、それぞれの対応を取ってください。

1.SDカードの消耗

SDカードを抜いた状態で電源を入れて見てください。電源が入るようならSDカードが壊れています、新しいSDカードに変えましょう。

SDカードが壊れると様々な不具合が起きます。2週間に1回のフォーマットで情報をいったん初期化すること、そして定期的に新しいものに取り換えましょう!

耐久性に優れたケンウッドのSDカードはこちら

2.電源の不具合

電源を変えてみてください。駐車監視用の電源ケーブルを使っているなら、付属していたシガー電源に挿してみたり、USBで繋げる機種であれば変換コネクタ(携帯充電とかで使うやつ)を使って家庭用コンセントに挿してみてください。

駐車監視用ケーブルが原因である場合には駐車監視用ケーブルを、シガー電源ケーブルだった場合にはシガー電源ケーブルを買い替えましょう。(メーカー保証期間中は取り替えてもらいましょう)

3.電圧が低い

これは、駐車監視用のケーブルを使っている場合のみの原因です。駐車監視用ケーブルにはスイッチボックスがあります。このスイッチボックスでは電圧値を設定し、その電圧を下回ると電源供給が止まる仕組みになっています。これは、バッテリー上がりを防ぐためです。

エンジンをかけた際でもこの設定が働き、必要なまでの電力が来ない場合があります、その場合には電源が入りません。いったん設定する電圧値を一番低く設定してみてください。それで電源が入るようであれば電圧設定が高すぎます。

画面に砂嵐や線画入る

バッテリーが消耗している可能性が高いです。修理に出してバッテリーを交換してもらいましょう。

無限フォーマット、フォーマットしますか?を繰り返す。

フォーマットが終わると前の画面に戻ります。戻った際にまた「決定」ボタンを押すと再度フォーマット画面になり、同じ画面が無限に繰り返されます。「戻る」ボタンで戻ってください。

フォーマット不要なドライブレコーダー!

合わせて買いたい耐久性に優れたSDカードはこちら!

タイトルとURLをコピーしました