ケンウッドナビのエラーメッセージが出たときの対処法

ケンウッドナビ の主なエラーメッセージとその対処法についてまとめました。

「スピーカー配線に異常があります」

このメッセージは文字通りスピーカー配線の異常を検知しています。スピーカー配線を確認する必要があります。

自分でナビを取り外せる場合には、ナビ裏のスピーカー配線の抜き差しでとエラーメッセージが消える場合があります。

また、使用していないスピーカー配線のカバーがむき出しになってどこかに接触しているケースもあるのでそちらもチェックしてみてください。

その他様々なケースがあるので車屋さんできちんと確認してもらいましょう。

〈ナビと配線のどちらに原因があるかの確認〉

ナビを取り外してみた場合には、ナビと配線のどちらの原因があるかチェックしてみましょう。

電源ハーネスの先がギボシで繋がっている場合には、スピーカー配線だけ抜くことができます。抜いてみてエンジン入り切りをした後に警告が消えるのであれば配線に問題がある可能性が高いです。

※電源ハーネスにKNA-200WTを使っている場合には、スピーカー配線のみを取り外すことができないのでこの方法はできません。

何度もメッセージが出るとロックされる!

ボリュームの調整ができなくなってしまった場合にはロックがかかっています。エラーが出た回数が多い場合(10回とか)には、保護機能が働いでロックされてしまいます。そうなったらサービスセンターに送って解除してもらわなければいけません。

「ドライブレコーダーに異常があります」

1.DRV-MN940 DRV-MN940Bと連動している場合

本体初期設定をしたときの位置からずれている場合にこの警告が出ます。

本体の初期設定をしたときに、取り付けた位置や角度の学習をしています。その位置から少しでもズレると警告が出るのです。

例えば、両面テープで留めていたり、コンソールに取り付けている場合には初期設定の位置とズレるのでこの警告が出ます。

本体はしっかりとネジ留めで固定しましょう。

2.ドライブレコーダーに接続していないのに出る場合

ナビを探しています。「EXPコネクター接続」を「なし」にしてください。

HOME→情報・設定→外部機器設定→その他→EXPコネクター接続→なし

HOME→情報・設定→システム→車両→EXPコネクター接続→なし

などの設定です、「EXPコネクター接続」をキーワードに取説から探してみてください。

その他、「接続を確認してください」「ドライブレコーダの取り付けが確認できません」などと出る場合もあるようです。

「システムが起動できません」

接続しているSDカードやUSB、CDなどが故障している場合にはその影響で不具合が起きるケースがあります。まずは、接続しているものを全部取り外してみましょう。

操作不能の場合には修理が必要ですが、まだ動く場合にはファームアップデートで改善できるかもしれません、試してみてください。

ファームアップデートの仕方

  1. SDカードやCDを取り出し、USBも外す
  2. ファームアップデートをする
  3. 修理に出す

ケンウッドから新しくフローティングタイプのナビが出ています!HDMI入力もあってスマホのミラーリングができます。HDMI出力もあるから後部座席のモニターにも画像が送れます✨

タイトルとURLをコピーしました