彼との辛い別れから立ち直り、執着を断ち切るイメージワーク【魔法の王冠】

心と体

誰もが心の中に魔法の王冠を持っている。そして、その王冠を被せる相手は自分で自由に決めることができる。

その王冠には特別な魔法がかけてある。「変わらぬ日常を輝いた日々に変えてくれる」という魔法だ。

ある日素敵な人と出会い、そして、あなたはその人に魔法の王冠を被せる。

彼との何気ない会話に癒され、微笑みかけたり、時には他愛もないことで涙を見せたり…そんな日々が美しくかけがえのない時間となる。

あるとき彼は心変わりをする。何があっても離れないと誓った彼が、突然あっけなく去ってしまう。

信じて疑わなかった心は引き裂かれ、すっかり正気を失なう。悲しみよりも深く、怒りよりも激しい感情がのしかかる。

そんなときにしなければいけないことがある。

魔法の王冠を取り戻すことだ。

何気ないひとときが輝き出したのも、彼が特別な存在になったのも、全てあなたが被せた魔法の王冠のおかげだ。そもそも彼には何の力もないのだ。

あなたは彼が去ってしまうのが辛いのではなく、彼が魔法の王冠を持ち去ってしまうのが辛いのだ。

王冠を彼に持ち逃げされてはいけない、すぐに王冠を再び自分の心に戻さなければいけない。

そして、あなたが誰にでも何にでも王冠を被せることができるということを思い出さなければいけない。

王冠を取った本当の彼の姿を見て欲しい。

魔法の王冠を取り戻す方法

上記はマスダヒロツグさんという方のYouTube動画の内容を私なりのイメージにして表現したものです。

失恋はときに人生を取りもどすことができないくらいに人を傷つけます。

そんなときはネットで克服する方法を探しても、考え方について書いてある記事は沢山あるものの、具体的な実践方法が書いてあるものは見つかりません。

そこで、この記事では失恋の痛みが楽になる実践的なイメージトレーニング方法をご紹介します。

このトレーニングは別れたときだけでなく、彼に依存しすぎてしまって辛いときなど、彼への執着から逃れるのにも効果的です。

この記事でいう「魔法の王冠」とは権威と言っても良いかもしれません。その相手に与えてしまっている特別感を取り戻す、その具体的な方法です。

トレーニング方法は、以前に勉強していた「イメージワーク」に基づいています。

医者でも心理学者でもないただの失恋経験者ですが、実体験からこの方法で楽になりました。

辛い思いをしている方のヒントになれば幸いです。

①王冠を渡す前の自分を思い出す

上記の文章だけで取り戻すイメージを掴んで実際に気持ちが楽になった場合にはそのままで良いのですが、イメージをつかめない場合には、彼に王冠を渡す前の自分を思い出してみてください。

彼がいなくても平気で生きていた自分がいたはずです。たとえ彼に別の恋人がいたとしても、何とも思わなかった頃のあなたです。

そのときの自分の状態をことをイメージしてみてください。それなりに幸せに生きていたはずです。(少なくとも今よりは…)

そのときの体の感覚を感じてみてください。頭で考えることはせず、感じてください。考えが鎮まらないときは感じることに集中してください。感じているとき、人の思考は休憩をします。

②思い出せないときはイメージする

もしも思い出せない場合には「もしも、魔法の王冠が自分の元に帰ってきたら」をイメージします。

もしも魔法の王冠を取り戻したら、どんな気分だろうか、体はどんな状態か、気分はどうか、暖かいか、涼しいか、色に例えると何色か、匂いはするか…

魔法の王冠を他の誰かにかぶせてしまうのも良いかもしれません。例えばあなたが好きな芸能人など。

その人との輝く日々を想像し、感じることで、また再び誰かに王冠を被せる日が来ると信じられことと思います。

③辛い感情がイメージを邪魔するとき

もしも重たい感情に押しつぶされて集中ができないときは、辛い感情を浄化してみてください。

感情とは、現実に起きたことが期待していたことが違った場合に生まれます。

たとえば、休日にはデートをしたいのに彼は男友達と遊びに出かけてしまった場合、「デートをしてほしい」という期待と「男友達と遊びに行った」という現実との間にキャップ生まれ、それが「怒り」という感情になります。

あなたは結婚してほしいと期待しているのに、彼はそこまでは考えられない場合「結婚してほしい」という期待と「彼にその気がない」という現実との間にギャップが生まれ、「悲しい」という感情が生まれます。

彼が去ってしまった今、あなたは「別れたくない」という期待と「彼が去ってしまった」という現実とのギャップに怒りや悲しみを感じていることでしょう。

この感情を浄化させるためには自分の体の状態に集中することが必要です。

怒りや悲しみを感じているとき、人は必ず体に症状を感じています。たとえば彼のことを思って息が苦しくなったり、動悸がしたりすることもあるでしょう。

その場合には感情に注目せずに、体の状態を実際に治します。

息が苦しいのなら、ベッドの上でリラックスし、少し気道を持ち上げ、大きく深呼吸してみたり、

体が冷たくなっている場合には体を温めたり、胸が苦しいときには胸をさすってみたり。

そうして体の状態を治していくとで、感情は浄化されて気持ちが楽になります。

魔法の王冠が戻ってきても

イメージをしていると少しずつ楽になる瞬間が増えてくると思います。最初は少しであっても根気よく繰り返すことで魔法の王冠が自分の心に戻ってきます。

しかし、この感覚はすぐに何処かへ行ってしまい、また、苦しみが襲ってきます。

それでも諦めないでください。根気よくイメージトレーニングを続けていくうちに、完全に彼への執着を断ち切れる時がきます。

それでもうまくいかずに辛い時は、無理せず薬に頼って良いと思います。薬は適切に使えばとても効果があり、心を楽にしてくれます。実際に私も薬の助けがあって初めてイメージワークに効果が出ました。

薬は自分の心を誤魔化すのではなく、本来の自分に戻る手伝いをしてくれるものです。

最後に、もしも可能ならば魔法の王冠を自分にかぶせてみて欲しい。誰かに被せなくても大丈夫、あなたは1人でも完璧な存在です。





タイトルとURLをコピーしました