秋の庭にお勧めの植物!ミニパンパスグラス

庭に植えたミニパンパスグラス
5月すっかり葉が伸びたミニパンパスグラス

8月下旬、プライベートガーデンのミニパンパスグラスがその穂をあげました。夏にさよならと手を振っているようです。

パンパスグラスは本来3mにまでなる植物なのですが、この庭のパンパスグラスは「ミニパンパスグラス」という小さい品種です。

穂があがっても150cmくらいなので、庭に植えるのならばこのミニパンパスグラスがおすすめです。

特徴

階段の下から見上げるミニパンパスグラス
階段の下から見上げるミニパンパスグラス

穂の時期:8月下旬から冬になるまで(冬まで残すと穂が折れてしまいます)

草丈:穂が上がると1.5mくら

好きな場所:日当たりが良く乾燥した場所

長所:荒地に強い

短所:やたらとでかい

魅力

ミニパンパスグラスの穂
ミニパンパスグラスの穂

毎年ミニパンパスグラスの穂が上がると「あぁ、今年も夏が終わるんだなぁ」と感慨深くなります。

そして、秋の間中その美しい穂を揺らし、秋の風情を演出してくれます。

穂が上がっていない季節にも、大きく流れるように葉を揺らす姿はとても優雅で、この植物があるだけで空間が上品になります。

お手入れ

手入れは簡単、春になったら草を短くカットするだけです。

これは、新しい芽を出しやすくするためです。

なぜ冬にカットしないのかというと、寒さに弱いので葉をつけていると防寒になるからだそうです。

2月に刈り込んだ時の様子

2月に短く刈り込んだミニパンパスグラス
2月に短く刈り込んだミニパンパスグラス

4月少し葉が伸びてきます。

4月少し葉が伸びてきたミニパンパスグラス
4月少し葉が伸びてきたミニパンパスグラス

5月、だいぶ葉が伸びてきました。

5月すっかり葉が伸びたミニパンパスグラス
5月すっかり葉が伸びたミニパンパスグラス

植栽ポイント

2階から見下ろすミニパンパスグラス
2階から見下ろす8月下旬のミニパンパスグラス

とても存在感があるので、この庭ではプライベートガーデンエリアのシンボルにしています。

美しい葉が際立つよう、周りの植物を低く配置し、葉の色や形を違うものを植えて対比させています。

植栽の名前
4月の植栽
5月の植栽
5月の植栽

パンパスグラスは植えっぱなしで栽培はとても簡単。

日当たりがよく乾燥した場所があったらぜひ一度挑戦てみてください。

ミニパンパスグラスはどこで買える?

ミニパンパスグラスは楽天市場で探せます。実店舗へ足を運ぶより沢山の種類から選べます。

交通費や移動時間の節約ができる楽天市場の花苗コーナー、是非覗いてみてください。

お気に入りのパンパスグラスがきっとあるはずです😊

楽天市場のパンパスグラス


パンパスグラス/ミニゴールデン 18cmポット 1本【1年間枯れ保証】【下草】

ピンクのパンパスグラスも発見しました!「ミニ」ではないのでお庭の広さに余裕があれば是非チャレンジしてみてください。


パンパスグラス ピンクフェザー ( ピンク花 ) 10.5cmポット苗

タイトルとURLをコピーしました