【野毛さんぽ】ワインとステーキ

お勧め神奈川
スポンサーリンク

待ち合わせはスターバックス

久しぶりの友人とJR桜木町駅で19:00頃の待ち合わせ。少し前に到着していた友人はスターバックスで待っていてくれました。

スターバックスは駅ビルにあり改札口から徒歩1分!待ち合わせにとても便利です。

シャルスターバックス桜木町店

歩いても楽しい街

お店は特に決めておらず、歩きながら探すことにしました。

野毛の街はバーや古い居酒屋、お洒落な居酒屋などが共存し、かと言ってごちゃごちゃしているわけでもなく、まるでテーマパークのようです。

散歩しながらお店を探すのも野毛の楽しみの一つです。

コロナ禍では要予約が多い

コロナ禍で閑散とした野毛の街、入ろうとしたお店の看板には「予約限定」の文字。その後も良さそうなお店に入ったのですが、2件ほど予約の方のみと断られてしまいました。

友人と2人コロナの状況などを話しながら歩くこと3分、入れるお店がやっとありました。さすが野毛、期待を裏切りません。

一軒目「野毛ビストロZIPテラス」

野毛ビストロZIPの外観
野毛ビストロZIPの外観

何件かチェーン展開しているお店です。個人店より大規模に展開しているお店の方がこんなときでも幅広く受け入れてくれるのかな。

さて、このビストロZIPテラスはお肉とワインのお店です。お客さんが多くざわざわとして活気があります。

さっそくワインと和牛を注文すると、残念なことに今日の和牛は終わってしまったとのことでした。

他の産地の牛肉ならあったのですが「牛肉は産地が大事!」とこだわりのある友人、今回は牛肉をパスしてワインとサラダ、ハムの三種盛りを頼みました。

ビストロZIPのハムの3種盛り
ビストロZIPのハムの3種盛り

そして「ワインはイタリア産!」とワインも産地にこだわるグルメな友人の勧めに従いイタリア産のワインとお料理を堪能しました。スモークした鴨肉が特に美味しかったです。

サラダはパクチーと春菊のサラダ。よくぞこんなに個性の強いもの同士を合わせたなものだと感心しますが、お味はお互いの個性を殺し合わず、程よく調和していてそれぞれの香りを十分に楽しめる一品でした。

都橋商店街

都橋商店街
都橋商店街

ワインを一杯だけ飲み、ほろ酔いになったところで2軒目探し、再び迷路のような野毛の街を歩きます。

すると、どこをどう歩いたのか、目の前に現れたのは、かの有名な都橋商店街。都橋商店街は古い長屋の店舗群です。とても怪しげで何か混沌としたパワーが宿っているような空間です。

そして、振り向くとみなとみらいの切れ端の夜景が…まるで自分がどこか異空間にいるかのようです。

とりあえずパワーをもらうため、写真を撮影し、少し歩いて引き返しました。次回は勇気を出してどこか一軒入ってみたいです。

二軒目「ステーキハウスクックパックツルオカ」

良い店はないかと歩いていると、なんと、偶然ステーキハウスを発見!今度こそ念願の和牛が食べられるかもしれないと期待を胸に店内に入りました。

内装はとても天井が高く、まるでお洒落なバーのような空間、照明も暗めで落ち着きます。

伺ったところ今年でお店は創業してから46年目とのこと、野毛ではかなりの老舗なのではないでしょうか。先程の野毛ビストロZIPテラスの喧騒が嘘のように静かな時間が流れます。

友人はステーキを頼み、私はお店のハウスワインとワイルドポテトを頼みました。ワインはフルーティなとっても良い香りでとっても美味しかったです。買って帰りたいくらいでした。

それもそのはず、こちらのお店のハウスワインはとても人気があるそうです。お店に来たら、ぜひ飲んでおきたい一杯です。

そして、おつまみはワイルドポテト。これは、チョリソーとポテトフライです。辛いのですが香辛料が効いててとても美味しかったです。

ステーキハウスツルオカのメニュー、ワイルドポテト
ワイルドポテト

友人から取り分けてもらった和牛のステーキももちろんのこと美味しく、素敵な時間を過ごしました。

ステーキハウスツルオカのステーキ
ステーキハウスツルオカのステーキ

仕上げはバーで

この後はお酒の仕上げに行きつけのバーへ行きました。一見さんお断りのバーのためご紹介できないのが残念ですが、ひょんなご縁でそんな繋がりができるのも野毛の良いところです。

格安航空券ならena(イーナ)がお勧め!

こちらから↓航空券を検索してみてくださいね。

ena(イーナ) 簡単にスグ買える★オンライン旅行サイト

タイトルとURLをコピーしました