【ニュースキン体験談1】行ってみたらマルチ商法だった

エッセイ

2019年12月25日

彼女は新しく入った派遣社員だった。

お昼休みが一緒になることがあり、ダイエットの話をしているうちに体組成計の話題になった。

横浜駅の東口に無料で体組成計が使える場所があると言う。

どんなお店なのか、どこにあるのかなどを尋ねると、彼女は説明を濁し「わかりにくい場所だから一緒に行こう」という。

何度か詳細を聞き直したが同じ答えの繰り返しだった。

突っ込んで聞くと雰囲気が悪くなりそうなのでやめておいた。

彼女は40代半ば。健康的で年よりも若く見える。明るく会話が上手で、程よく聞き、程よく相槌をうち、会話の間を埋めるが上手だ。

そんな彼女と一緒にいると楽しいので、会社帰りに一緒に行ってみることにした。

案内されたのは化粧品のお店のようだった。店内は沢山の人で賑わっていた。

彼女は慣れた様子で店内入り、体組成計の使い方やその他肌年齢チェックができること、化粧品のお試しエリアがあり500円で利用できることなどを説明してくれた。

一通り見終わったころ

「こんばんは、偶然だね」

と彼女に一人の男性が声をかけてきた。

彼女は彼のことを昔の職場の同僚だと私に紹介し、私のこともまた彼に紹介してくれた。

普通ならこれで終わりそうなところ、なんと彼は私に直接話しかけてきた。

スキンケアに興味があるの?とか、自分は健康に興味があるとか、さらにはお店の説明が始まり、このブランドはオリンピックの公式スポンサーだとか…

私はピンときた。

こいつ、私に気がある…

のではない。

この自信満々にグイグイくる感じ、ギラギラした目つき、そう、これは「マルチ商法」だ。

偶然会ったなんて大嘘だ、待ち構えていたに決まっている。

私は彼女を好きになっていたので少し残念な気持ちがした。

だけどまぁ、そうだろう。私に興味を持って個人的に誘ってくれるような人はあまりいない。

帰りがけにもお店の名前を聞いたがはっきり言わないので看板を見た。「なんで読むの?エヌユースキン?」

彼女はやっとお店の名前を教えてくれた。

「ニュースキンだよ」

「聞いたことないな、ネットでも見てみるね」

彼女は少し慌てた様子で、ネットではあまり良いことが書かれていないから見ない方がいい、ネットの情報を鵜呑みにしないでほしい、後で詳しいネット情報を送るなど冗舌にまくし立てた。

そうだろう、検索しても大体書いてあることは想像がつく。

翌日、彼女はニュースキンの試供品をくれた。

ニュースキンの友達からもらった試供品3つ、ローション2つとクリーム2つ。

さて、今後はどんな風にたたみかけてくるのだろう。

通常の私ならば、「マルチ商法には貢献できないんだ、ごめんね。それでもよければ今度一緒にご飯でも食べに行こう」と誠意を持って対応するところなのだが、、、

私は考えた…

ブログネタにしよう!

そう思い始めると何だか彼女に対し少し後ろめたい気持ちになってきた。でも、仕方ない、好奇心には逆らえない。

でも、洗脳されたらどうしよう…

…洗脳される様子をブログに記録するのもまた面白いだろう。

では、興味津々で今後の展開を待つこととしよう。

追伸、試供品はとても使い心地が良くお肌がツルツルになる。洗脳の始まりか…

第2話へ続く・・・

タイトルとURLをコピーしました