【初めての堆肥】一坪の小さな畑で初めて堆肥を使ってみました。

ポタジェに初めて堆肥を使ってみました。

もちろん堆肥を使わなくても野菜は育つのですが、成長がとても遅いです。

私は当初、野菜も植物なのだから自然に育てようと考えていました。

日本の気候に合った日本原産の野菜を育てれば、農薬や肥料がなくても元気に育つと思ったのです。

しかし、日本原産の野菜を調べると、薬味みたいなものばかりで腹の足しになるような物がありません。

(日本原産の野菜)

ウド、自然薯、セリ、フキ、ミツバ、ミョウガ、ワサビ

お腹を満たす野菜を作るためには、人工的に実を肥大させた「野菜」という植物に、知識と技術を持って挑まなければならないと悟りました。

今回、堆肥のプロの方に堆肥の使い方を教わる機会があったので実践してみました。

堆肥のすき込み

1年間完熟させた堆肥
1年かけて完熟させた堆肥

一年かけて完熟させたものを使いました。堆肥は野菜への養分の供給と考えるのではなく、土壌への微生物供給と考えます。

1平方メートルあたり2リットルの堆肥を野菜の付近20〜30cm離して深さ5cmくらいで土と混ぜます。

堆肥を撒いているところ
堆肥を撒きます

混ぜ方はコテで2回くらい混ぜれば十分です。

このポタジェでは野菜がくっついて植えてあるので、野菜と野菜の間に漉き込みました。

12日後

変化は思ったよりも早く現れました。根元で切り戻したレタスがまた生えてきました!

再び生えてきたレタス
再び生えてきたレタス

そして切り戻したチャイブもあっという間に元通りになってツボミまでできています(≧∀≦)

葉が小さくてしおれ気味だったシソも葉が大きくなりこんもりとしました。

ポタジェで育つシソ
こんもりと元気になったシソ

ポタジェの全ての植物がピンと張りが出てとても元気になりました。

働き者の微生物さんに感謝です。そして、堆肥の先生にも感謝です(^_^) 有難うございます!

そして、ミニトマトの実がなりました。初収穫はミニトマトになりそうです。

ポタジェのプチトマト、まだ青い
まだ青いポタジェのプチトマト

野菜苗を楽天で見てみる

タイトルとURLをコピーしました